南アフリカの伝統的な生地・Shweshwe(シュエシュエ)の魅力を伝えたい

クラウドファンディングプロジェクト:南アフリカの伝統的な生地・Shweshwe(シュエシュエ)の魅力を伝えたい
  • stars集まっている金額
    ¥83,700
    (目標 ¥100,000)
  • flag目標達成率
    83%
  • local_offer購入数
    39
  • watch_later残り時間
販売商品一覧を見る お気に入りに追加する
helpこのプロジェクトは実行確約型です。
ハンドメイドを始める方が増えてきている中で、南アフリカの生地をもっと多くの人に知ってもらいたいと思い、今回のプロジェクトを発足することとなりました。南アフリカもまた、COVID-19により大きなダメージを受けています。イベントなどで多く使われれてきたシュウェシュウェですが、現在イベント等の自粛により現地でのシュウェシュウェの販売が難しくなっています。そこで今回、Da Gama Textilesに生地を日本で販売したい話を持ちかけたところ、少量数からの買取に承諾してくれました。
    • Shweshwe(シュウェシュウェ)ってなんだ

    • 味、触覚、匂いが楽しめる南アフリカのファブリック

    • 南アフリカ出身のディビッドの自宅を訪れた時に、ワードローブにあったシュウェシュウェ。
      初めてそれを見たときは、とても不思議な感じでした。
      新しい生地なのにどこかヴィンテージ感があり、触るとすごくごわついていて、ほわっと独特な香りがしたのを覚えています。
      ディビッドはこの匂いをかぐと故郷、南アフリカを思い出すそうです。

      実際に南アフリカに行ってみると、家庭でテーブルクロスとして使われていたり、生地屋に行くと服を仕立てるために買いに来ている人がいたりと、色々なところで見かけることができます。
      伝統的で、今でも庶民から愛されているシュウェシュウェ生地を日本人にも知ってもらいたいということから物づくりをスタートしました。
    • シュウェシュウェの歴史について

    • シュウェシュウェの歴史はさかのぼること、1840年代、フランスの宣教師がバソト族の首長であるモショエショエ1世に藍色の布を贈り、非常に喜んだとされています。
      そして、その生地は彼が支配するソト族とズールー族の住民に人気が広まったとされています。
      そのことから、Shweshweという名前は、王室の影響力者でもあるモショエショエ王に由来していると言われています。

      南アフリカでShweshweが生産されはじめたのは実は近年で、それまではイギリスで生産されていました。
      南アフリカでの生産が始まったのは1982年頃、Da Gama TextilesがThree Catsシリーズのデザインを所有およびプリントする権利を購入したところからになります。
    • シュウェシュウェの製品について

    • シュウェシュウェシリーズは、味、触覚、匂いという独特の伝統的な特徴を備えており、オリジナルのシュウェシュウェ製品には生地の裏に3匹の猫のスタンプが押されています。
      シュウェシュウェは今でも伝統的な方法で製造されており、平織りの綿布に酸を排出し、独自の印刷技術を使用して製造されています。
      生地には様々な色とデザインがあります。
    • 南アフリカではシュウェシュウェの典型的な用途は、地方での伝統的な儀式です。
      王室の誕生日や全国のお祭りなどの重要な行事のために使われることがあります。
      現在、シュウェシュウェはその伝統的な使用範囲を超えて、南アフリカのファッションデザイナーのコレクションに使われたりと多岐にわたっています。
    • @alc_woman
    • プロジェクトについて

    • ハンドメイドを始める方が増えてきている中で、南アフリカの生地をもっと多くの人に知ってもらいたいと思い、今回のプロジェクトを発足することとなりました。
      南アフリカもまた、COVID-19により大きなダメージを受けています。イベントなどで多く使われれてきたシュウェシュウェですが、現在イベント等の自粛により現地でのシュウェシュウェの販売が難しくなっています。
      そこで今回、Da Gama Textilesに生地を日本で販売したい話を持ちかけたところ、少量数からの買取に承諾してくれました。

      今回販売する柄は20柄。どれも個性的で日本国内ではあまり見かけることのない柄です。
      シュウェシュウェの生地は日本でよくみかけることのあるアフリカンワックスとは異なる生地となっております。
    • 南アフリカにあるシュウェシュウェを数多く取り扱う生地屋さんにて
      年に一度だけしか訪れることがないのですが、ちゃんと覚えてくれています。
      そんなアットホームな雰囲気が溢れる生地屋さんです。
    • シュエシュエの洗い方

    • シュウェシュウェの生地はスターチがかかっており、そのままだと硬く、縫製することが困難なため、縫製前に水洗いをしなければいけません。
      少し面倒な感じですが、糊が落ち生地が柔らかくなり、プリントの発色が少し強くなる過程は染色を楽しんでいるような感覚になります。
    • 生地の色によってプリントの発色がさらによくなったり、また裏のプリントがはっきりと現れることがあります。
      生地の色によって違いが出てくるので、そこも楽しみの一つです。
    • 今回、このプロジェクトから生地をご購入の方にはシュウェシュウェで作った小物をまとめるのに便利なコンパクトサイズの巾着をプレゼントします!
      ※巾着の柄はアソートとなるの、お選び他だけません。また、販売していていない柄の巾着が届く場合がございます。
    • 布の柄について

    • 布の柄はリターン詳細ページから確認してください。
      みなさまの温かい支援をお待ちしております。
  • 新着情報

    新着情報はありません。
  • コメント
      コメントはありません。

プロジェクトオーナーのプロフィール

THOKOZILE

THOKOZILE

THOKOZILE (トコジレ)は南アフリカ公用語の一つでもあるズルー語で、"Be Happy; Be Delighted"という意味があります。僕たちが作るプロダクトのほとんどは、南アフリカの伝統的な生地・Shweshwe(シュウェシュウェ)というものを使っています。生地は南アフリカ出身のデイビッドが直接現地で仕入れています。 お気に入りのアイテムを身につけているだけで、人の気持ちは幸せになったりします。僕たちが作るモノもその一つになれば嬉しいです。
お問い合わせ
販売商品
Shweshwe(シュウェシュウェ) 色々なドット柄シリーズ 【50cm】
¥1,280 (税込/送料込)
残り 0
詳細を見る
ご提供予定時期:随時
Shweshwe(シュウェシュウェ)アフリカンペイズリー柄シリーズ 【50cm】
¥1,280 (税込/送料込)
残り 0
詳細を見る
ご提供予定時期:随時
Shweshwe(シュウェシュウェ)色んな柄シリーズ 【50cm】
¥1,280 (税込/送料込)
残り 0
詳細を見る
ご提供予定時期:随時
Shweshwe(シュウェシュウェ)アフリカンペイズリー柄シリーズ 【1.5m】
¥3,260 (税込/送料込)
残り 0
詳細を見る
ご提供予定時期:随時
Shweshwe(シュウェシュウェ)色んな柄シリーズ 【1.5m】
¥3,260 (税込/送料込)
残り 0
詳細を見る
ご提供予定時期:随時
FAQ・ヘルプ

販売商品一覧

特定商取引法に基づく表示

    販売業者
    田邊康一

    所在地
    東京都杉並区高井戸東3-28-24-703

    連絡先
    電話:080-4366-5557
    メール:info@thokozile.net

    販売責任者
    田邊康一

    販売価格
    各プロジェクトページの「リワード代金」をご覧ください。価格は税込です。

    商品代金以外に必要な料金
    なし

    お支払い方法
    クレジットカードによりお支払いいただけます。

    お支払い時期
    商品購入時に決済します。

    商品(リワード記載内容)のお引渡し時期
    商品の引渡し時期またはサービスの提供時期は、各プロジェクトページの記載をご確認ください。

    キャンセルの可否と条件
    キャンセルはできません。
    決済完了後の返金は一切できません。