シカの角でおうちの中を彩る作品を作りたい!害獣駆除される命に新たな息吹をー「MAKAMI」の挑戦!

このプロジェクトは2020/07/13に終了いたしました。温かいご支援、ありがとうございました。
クラウドファンディングプロジェクト:シカの角でおうちの中を彩る作品を作りたい!害獣駆除される命に新たな息吹をー「MAKAMI」の挑戦!
Success
  • stars集まっている金額
    ¥395,710
    (目標 ¥150,000)
  • flag目標達成率
    263%
  • local_offer購入数
    37
  • watch_later残り時間
    終了しました
お気に入りに追加する
helpこのプロジェクトは実行確約型です。
毎年多大な農作物被害を与え、害獣として駆除される動物たちの革(ジビエレザー)を用いたレザーアイテムを作り、命の循環を目指すレザーブランド「MAKAMI」が、今度は革だけでなく『シカの角』も生かした作品作りに取り組みます。さらには、コロナの影響でおうちで過ごす時間が増えた今、おうちの中を彩るアイテムを考えました!シカの角もひとつひとつ手作業での加工となるので同じアイテムでもオンリーワンの一品となり、使うほどに愛着がわいてきます。
    • はじめに

    • はじめまして。自然との共生を考え、楽しむブランド「MAKAMI(まかみ)」の代表の久津(ひさつ)と申します。「MAKAMI」では、シカ、イノシシ、クマなど、害獣として駆除された動物の革(ジビエレザー)を用いたレザーアイテムを制作しています。

      みなさまは「ジビエ」という言葉を耳にしたことはありますか?

      ジビエとは、本来、狩猟で得た天然の野生鳥獣の食肉を意味する言葉(フランス語)でしたが、日本では野生鳥獣による農作物被害の対策で捕えられた鹿や猪を指す言葉として認知されてきました。

      近年、都市部ではジビエ肉専門店なども増えてきましたが、奪った命に対し活用できているのはたった10%にも満たないという現状です。

      とある革の見本市で私が初めてジビエレザーに出会ったとき、自然の生命を見せつけるような荒々しい傷痕や、それでいて想像を裏切るしっとりとした手触りに惹きつけられました。傷があるから、均一でないから、という理由で他にはないジビエレザーの魅力が知られないのはもったいないと思ったのです。

      人々の生活を守るため、殺めなければならない命なら、せめてそれらは余すことなく生かそう。そうして生まれたのが、ジビエレザーブランド「MAKAMI」です。「MAKAMI」の作品を通して、この機会に多くの方にジビエレザーを知ってもらい、自然の恵みを活かす命の循環に想いを馳せて頂ければ幸いです。
    • 「MAKAMI」が描く世界

    • みなさまはジブリ映画の『もののけ姫』を観たことはありますか?
    • そこに描かれる人間と自然との対立や、立場の異なる人同士の対立は、アニメ映画でありながらもとてもリアルで複雑です。そしてそれはそのままジビエにまつわる現実問題と重なるものがあります。

      さらに『もののけ姫』に出てくる森の神様や生き物たちはとても神秘的で、時に荒々しく力強い存在として描かれています。私が作品に込める想いはそんな自然の厳しさや畏れを含む、生命の美しさそのものです。

      「MAKAMI」の由来となった真神(マカミ)はニホンオオカミが神格化したもので、古来より聖獣として崇拝されていました。猪や鹿から作物を守ってくれる神様としても崇められていましたが、その獰猛な性格から畏怖の対象でもありました。作物を守る神様でありつつも、人間の行いを厳しく見守る姿が、私の思い描くブランドのイメージに合ったのです。
    • 自らの糧となる命に対し手を合わせて「いただきます」と言う、古き良き日本。日常に紛れてそんなこと忘れていたなぁ、とジビエに出会ってから考えるようになりました。

      「MAKAMI」が扱うのは、農作物に甚大な被害を与え、人間たちから「害獣」とされてしまった獣たちの尊い命です。

      大きなことはできないけれど、日常の中でほんの少し、厳しくも美しい自然の景色を「MAKAMI」を通して多くの人に感じてもらいたいと思います。
    • 野生鳥獣による農作物被害に嘆く人々

    • 私が革の見本市でジビエレザーと出会い、作家として作品を作りながら思ったことは、まず私自身がジビエの背景にある様々な問題について知っておく必要がある、ということです。

      私にとって肉や野菜はスーパーに行けば簡単に手に入るもので、せいぜい「農業は休みもないし天候に左右されて大変だ」という認識でしかありませんでした。

      しかしジビエレザーを扱い、それを他の人に伝えようとするならば、その裏にある現実について知らないのは恥ずかしいと思ったのです。そうして様々な場に顔を出し、関係者の方からお話を聞きながら知った事実は私の想像を上回るものでした。

      近年では都市部にも鹿や猪が出没しニュースとなり、人間との生活に様々なトラブルが生じています。特に農作物への被害は甚大で、昨年度(2019年度)の農作物被害は158億円。その多くは鹿や猪が田畑を踏み荒らし、稲や果物を食べつくしてしまうことが原因です。
      中でも、猪にキャベツ畑を全て掘り起こされ廃業に追い込まれてしまった農家のおじいさんの話は私に強い衝撃を与えました。スーパーで野菜が高いと考えていた世界の裏にはそんな現実があったのです。
    • 異常なまでの繁殖力を持つ、被害額1位のシカ

    • 農作物被害を起こす動物で最も多いのはシカです。シカは、毒やトゲがあるもの以外大抵の植物を食べます。そのため、野菜や果物が食べられてしまったり、食害や田んぼが踏み荒らされるなどの被害を与えます。さらに繁殖力が異常に強く、生後1年目から毎年1頭ずつ子供を生むことができるため、群れをどんどん拡大していきます。その上、シカは大食漢で一日一頭当たり3キロの食物を食べるとされています。そうしたシカが大量に増殖していけば山の食べ物は少なくなり、人の田畑を荒らすようになるのはもはや必然です。かわいいだけではなく、農家の人達にとっては死活問題です。
    • また、農作物被害だけでなく、近年人里に下りてくる野生動物と車や電車などとの衝突事故が増加しており、人身事故も大きな問題になっています。

      動物たちが人里に現れる要因に人間の行いがあるのも事実で、奪われる命をかわいそうとは思うものの、私たちが想像する以上の被害に対し、人々の生活を守るためには一人一人が向き合わなければならない問題なのではないかと思いました。
    • 獣を狩る人たち

    • 被害を抑えるため、国やあらゆる団体が色んな対策をとっています。

      人々の生活の根幹を脅かす彼らは「害獣」とされ、年間約100万頭の野生鳥獣が「個体調整」のため捕獲・駆除されています。
    • 「個体調整」は鹿や猪を捕獲し、個体数を減らす取り組みで、冬季の狩猟期以外に、夏季も含めた有害鳥獣駆除を国や地方自治体の助成を受けて地元の猟友会が行っています。

      もちろん、安易に数を減らそうというだけでなく、野生鳥獣の集落への出没を防ぐ目的で、畑の野菜くずや柿など果実の撤去などを行ったり、人との生活区域を分けるために柵を設置したり、様々な取り組みがなされています。

      利活用としては、近年ジビエ肉が普及するようになってきましたが、そのまま山に放置される命も多いのです。

      「マタギ」という言葉があります。「マタギ」とは、熊などの大型獣を捕獲する技術をもち、狩猟を生業としてきた人を指します。東北地方の山間部に今でも存在する彼らは獲物に対し敬意をもって命がけで狩りを行います。現在は、行政からの依頼を受けて有害鳥獣駆除も行う彼らですが、本来なら忌み嫌う仕事なのです。

      「こんなものはただの殺戮だ。『殺生』とは『殺して生かす』と書く。その先に『生かす』ことがなくちゃなんねぇ。」

      再び、私の心に衝撃が走りました。
    • 作家としてできること

    • 自然と人間との共存社会の実現には、多くの課題や様々な立場の人の切実な思いが複雑にからまっています。正直、一作家にしか過ぎない私には解決の糸口すら見えません。だからといって目を背けていい問題でもありませんが、知れば知るほど途方に暮れたくなりました。

      偉そうなことを言って始めたけれど、自分にできることは何だろう?

      『生かすこと』。マタギの方の言葉が甦ります。
    • 皮を革にするためにはその間に色んな手間がかかります。大量消費の牛肉と違い、ジビエは個体差も大きく、都度都度の処理となるため、加工の手間は倍増です。そのため、利用しやすい肉のみを取って残りは廃棄してしまいます。

      私と同じように、無駄な命をなくしたいという思いで革の加工を行っているタンナーさんも、価値を知ってもらえなければ数が増やせないと言います。

      でも、ただジビエレザーを普及させればいいわけではありません。それでは作家としての私が幸せになれないからです。

      私が思い描く「MAKAMI」の世界で、ジビエの魅力とそこから感じる自然や命の美しさを作品を通して伝えていく、そのために活動していくことが私にできることであり、私が実現したいことなのです。
    • Creema SPRINGSで行う新たな取り組み

    • 「MAKAMI」の作品は、これまで日常の中にそっと寄り添うデザインとアイテムを中心に作られてきました。普段使うものの中でふと自然の恵みに思いを寄せるものになればいいと思ったからです。

      そして私は作品作りの中で、真神様が棲まう森(まかみの森)を空想し、森の麓の小さな村で作品作りに取り組む作家になった気分でアトリエに籠もります。

      すると革だけでなく、もっと他の素材も取り入れたくなりました。自然の恵みにはまだまだたくさんの可能性があるからです。

      着目したのは『鹿の角』。アクセサリーなどで使われているのは見たことがあるけど、革と組み合わせたらもっと素敵なものができるのではないか、まかみの森の特産品になるのではないかと考えました。
    • そして、その新たな挑戦の場として、このCreema SPRINGSと出会いました。

      新商品の開発には様々なコストがかかります。みなさまからの支援金は、制作費のほかに、主に鹿の角を加工するための機材の導入や更なる新商品の開発に使用されます。また、2020年の夏には「MAKAMI」のアトリエ兼ショップを都内にオープン予定となっており、一部はその準備資金に充てられます。

      「MAKAMI」の挑戦はまだまだ続きます。「MAKAMI」の描く自然の美しさや力強さを楽しんで、ご支援いただければ幸いです。
    • ジビエレザーについて

    • 「MAKAMI」の作品の素材・製造は、すべて日本国内。

      地域によってその生息分布は様々ですが、今回原皮の産地となっている<鳥取県の若桜町>では、その大半は鹿が占めています。捕獲された鹿の皮は、「革どころ」である兵庫県たつの市の害獣専門のタンナー(なめし工場)「タツノラボ」で丁寧になめされていきます。
    • なめしの工程では有害な化学物質を使用しない皮革製造システムで、環境への負荷を極限まで抑えています。

      MAKAMIが扱う革は、鹿、猪(、ときどき熊)がありますが、今回のプロジェクトでは『鹿の角』を取り入れた新商品の開発に焦点を当てているため、革も鹿で統一しています。

      鹿革の特徴はなんと言っても、軽くて、きめが細かく、とても柔らかいところです。そのためポーチやバッグなどに向いています。手に吸い付くようなしっとりとした肌触りに、初めて手にした人は皆驚きます。
    • ジビエレザーは野山を駆け回っていた野生動物の皮なので、作品の中に革傷も多く入ります。生前に負った傷もあれば、狩猟の際の弾痕、捕獲の際の傷、猟師が皮を剥ぐ際についたスエード面のナイフ痕などもあります。そこに彼らの生きた証を感じ、「MAKAMI」の魅力を引き立てます。
    • 本プロジェクトのリワード紹介

    • 各商品の詳細は、商品一覧の「詳細を見る」よりご確認ください。

      本プロジェクトのリワードは、ハギレチャームを除き全て下記の5色展開となっております。
      MAKAMIのカラー展開は自然界に存在する色合いにこだわっています。『まかみの森』の四季折々を感じていただければと思います。
    • ※現在サンプルがないカラーにつきましては随時活動報告にてUPしていく予定です。
      ※通常販売の際にはカラーを限定する場合がございます。
    • ハギレチャーム

    • 通常販売予定未定。
      全長約15cm(金具込)
    • コースター4枚セット

    • 通常販売予定未定。
      サイズ 10cm × 10cm
    • シカの角ネックレス

    • 通常販売予定未定。
      紐の長さ75cm。サイズ調整可能。

      ※写真はサンプルのものです。デザインが一部変更となる可能性がございます。
      ※鹿の角は個々に色味や形状が異なります。
    • ファスナーポーチ

    • 販売予定価格 7,700(税込)+送料
      サイズ W 18cm × H 11cm × D 4.5cm

      ※鹿の角の形状およびウッドビーズの色はランダムとなります。
    • ソフトパックティッシュカバー

    • 販売予定価格 13,200(税込)+送料
      サイズ W 20cm × H 10cm × D 4.5cm
      付属ベルトの長さ(金具込)25cm

      ※写真はサンプルのものです。デザインが一部変更となる可能性がございます。
      • レザーサコッシュ

      • 販売予定価格 28,600(税込)+送料
        サイズ W 24cm × H 20cm × D 2.5cm
        ベルトの長さ 100cm

        ※写真はサンプルのものです。デザインが一部変更となる可能性がございます。
      • 最後に

      • ここまでお読み頂きありがとうございます。
        小さい頃からものづくりが好きで、美術や図工の時間には授業が終わってもひとり居残って作業している程でした。社会に出てからは普通に会社員をしながら趣味で靴作りをしていましたが(いきなり靴作りなところが普通じゃないw)、気が付けばそれを仕事にしていました。

        仕事としてものづくりをしてみると、これまでの趣味とは違い、自分の好きなものをただ作ればいいわけでなく、価値を提供しなければならないという責任が生じます。始めてから1~2年は自分が何をしたいのか、何ができるのか迷走していました。今も悩みつつではありますが、ジビエレザーとの出会いがひとつの転機になったように思います。

        私の後ろには、人が奪ってしまった命に対して、意味あるものとして世に出したいと思う人たちがいて、それだけで私自身の作家活動に意義が生まれました。しかし、そこで終わっては循環は生まれません。私の先にはその価値を受け入れてくれる皆様が必要です。心を寄せてくれる人たちに対し、喜んでもらえるように、よりよい作品を提供していくことが私の仕事なのだといまは感じています。

        もしこの想いに共感していただけたなら、是非皆様が感じたことなどをコメントいただけると、すごく私のモチベーションになります。応援よろしくお願い致します。

    • 新着情報

      本日最終日です!
      2020/07/12 10:13:00
      本日最終日です!
      みなさま、たくさんのご支援ありがとうございます。
      準備期間も含め約2ヵ月のプロジェクトも今日で最終日を迎えます。

      最後ぎりぎりとなってしまいましたが、紅葉と森緑のポーチのサンプルができました。
      すでにご支援頂いた方で、カラーの変更をされたい場合はメッセージをいただければ対応させていただきます。
      プロジェクト終了後、革の発注が済みますと対応できない場合もございますのでご注意ください。

      残りわずかの時間ですが、最後まで応援よろしくお願い致します。

      深緑・紅葉のコースターサンプルができました!
      2020/06/27 12:14:34
      深緑・紅葉のコースターサンプルができました!
      みなさま、こんにちは。
      これまでサンプルがなかった深緑・紅葉のコースターができました!
      是非色味の参考にしてみてください。
      現在、ポーチの方もサンプル作成中です。

      引き続き、よろしくお願い致します。

      目標達成!支援者様に感謝!!引き続き応援よろしくお願いします。
      2020/06/07 10:58:43
      目標達成!支援者様に感謝!!引き続き応援よろしくお願いします。
      皆さまのご支援のおかげでプロジェクト開始より6日で目標金額に到達いたしました!誠にありがとうございます。

      また、応援のコメントもありがとうございます!毎回励みにして見ております。

      今後も【MAKAMI】の作品をたくさんの皆様にお届けできること、楽しみにしております。
      残り1ヶ月とちょっとの限られた期間ですが、引き続き応援のほど、どうぞよろしくお願いいたします!

      プロジェクトスタートしました!
      2020/06/02 10:37:43
      プロジェクトスタートしました!
      初めまして。代表の久津(ヒサツ)です。
      昨日より、新クラウドファンディングサービス「Creema SPRINGS」にて、ジビエレザーブランド「MAKAMI」のプロジェクトをスタート致しました。
      早速たくさんのご支援をいただき誠にありがとうございます!

      新サービス開始ということで、第1弾にお声掛け頂き光栄です。クリエイターの自由な創造を応援したい、というCreemaのスタッフの方々の熱い想いを受けて、少しでもこの新サービスと本プロジェクトが成功するよう、私も頑張りたいと思います。そして、ジビエのことを少しでも多くの人に知ってもらいたいです。

      現在、リワードのサンプル画像は大地と樹皮のカラーのみとなっておりますが、他のカラーも革が出来上がり次第サンプルを作成し、こちらの新着情報にて随時UPしていく予定ですのでチェックしてみてください。

      引き続き、よろしくお願い致します。

    • コメント
      • 小池恵理子
        いろんな色が選べて嬉しいです!はじめて触るジビエ革、到着を楽しみにしております~
        • 久津 真実
          コメントいただき、ありがとうございます! 鹿革はとても手触りが気持ちいいので、楽しんでいただけると思います! お届けまで今しばらくお待ちください。
      • 前回・前々回に次ぎ再び購入させていただきます! 到着楽しみに待っています
        • 久津 真実
          いつもありがとうございます! 毎回プラットフォームが変わってすみませんっww
      • shizuka
        作品が美しく、またコンセプトにとても共感して購入させていただきました。使うのが楽しみです。
        • 久津 真実
          コメントいただき、ありがとうございます! 美しいと言っていただけて嬉しいです!! お手元に届くまで今しばらくお待ちください。
      • 藤原 信哉
        お世話になります。 コースターでのカラーサンプル拝見しましたが、「深緑」が思いの外深みを感じられず明るい色味に思えました。(もっと暗い色かと思っていました) ポーチのサンプル作成中との事ですが、購入済みのポーチについて色の変更は可能でしょうか。
        • 久津 真実
          コメントありがとうございます! そして「深緑」ではなく「森緑」でした。。今更ながらに気づき、申し訳ございません。森の中に差し込む光の中で見る木々の青さをイメージしております。 新着情報にてポーチのサンプルも掲載しました。光の関係で明るく写っておりますが、ご参照ください。 カラーの変更可能でございます。ご希望の色をお教えいただければと思います。 よろしくお願い致します。

    プロジェクトオーナーのプロフィール

    久津 真実

    久津 真実

    新潟県長岡市生まれ。情報系大学院卒業の後、上京しSEとして某企業に勤務。脱サラし靴職人を経て、ジビエレザーに出会う。 毎年多大な農作物被害を与える、シカ、イノシシ、クマなどの害獣として駆除された獣たちの命を無駄にせず、生命の循環を生み出すものづくりを目指して、ジビエレザーブランド「MAKAMI(まかみ)」を立ち上げ。 一つとして同じものはない、生前の傷やナイフ傷が森の中を駆け回る野生の命の証。その魅力を多くの人に知ってもらいたいと日々精進中です。
    販売商品
    ハギレチャーム
    ¥1,980 (税込/送料込)
    残り 26
    詳細を見る
    ご提供予定時期:8月上旬より順次発送
    コースター4枚セット
    ¥2,970 (税込/送料込)
    残り 21
    詳細を見る
    ご提供予定時期:8月上旬より順次発送
    ファスナーポーチ 早割 10%OFF
    ¥7,300 (税込/送料込)
    残り 3
    詳細を見る
    ご提供予定時期:9月上旬より順次発送
    ファスナーポーチ SPRINGS限定割 5%OFF
    ¥7,685 (税込/送料込)
    残り 30
    詳細を見る
    ご提供予定時期:9月上旬より順次発送
    シカの角ネックレス
    ¥8,500 (税込/送料込)
    残り 10
    詳細を見る
    ご提供予定時期:8月上旬より順次発送
    ソフトパックティッシュカバー 早割 20%OFF
    ¥10,930 (税込/送料込)
    残り 8
    詳細を見る
    ご提供予定時期:9月上旬より順次発送
    レザーサコッシュ SPRINGS限定割 5%OFF 
    ¥27,690 (税込/送料込)
    残り 10
    詳細を見る
    ご提供予定時期:9月上旬より順次発送
    FAQ・ヘルプ

    販売商品一覧

    • 製品を作った際に出る鹿革の端っこの部分(ハギレ)で作るチャームです。 ハギレさえも無駄にしたくない!という想いから作りました。 全長約15cm(金具込) 色はダークブラウン、キャメルが中心となります。 都度出るハギレで制作するため、カラーの選択はできません。ご了承ください。
      販売終了
      • 価格(税込/送料込)
        ¥1,980
      • 残り
        26
      ご提供予定時期:8月上旬より順次発送
    • 中に芯が入っているのでかなりしっかりした作りとなっております。おうちカフェのお供やプチギフトにもお勧めです。 サイズ:10cm × 10cm 全5色(大地/樹皮/深緑/紅葉/雪) ※カラーは2色まで選択可能です。(各2枚) ※同じ色を選択した場合は同色4枚セットでお届けします。
      販売終了
      • 価格(税込/送料込)
        ¥2,970
      • 残り
        21
      ご提供予定時期:8月上旬より順次発送
    • マチ幅がしっかりあるのでたっぷり入る、自立できる化粧ポーチです。鹿の角を加工し、ウッドビーズと組み合わせて持ち手にアクセントもプラスしました。 早割り価格!数量限定でのご提供です。 サイズ:W 18cm × H 11cm × D 4.5cm 全5色(大地/樹皮/深緑/紅葉/雪) ※鹿の角の形状およびウッドビーズの色はランダムとなります。
      販売終了
      • 価格(税込/送料込)
        ¥7,300
      • 残り
        3
      ご提供予定時期:9月上旬より順次発送
    • マチ幅がしっかりあるのでたっぷり入る、自立できる化粧ポーチです。鹿の角を加工し、ウッドビーズと組み合わせて持ち手にアクセントもプラスしました。 サイズ:W 18cm × H 11cm × D 4.5cm 全5色(大地/樹皮/深緑/紅葉/雪) ※鹿の角の形状およびウッドビーズの色はランダムとなります。
      販売終了
      • 価格(税込/送料込)
        ¥7,685
      • 残り
        30
      ご提供予定時期:9月上旬より順次発送
    • 鹿の角は毎年生え変わり、日本鹿の場合、角は最大で4つ又にまで分かれて成長します。しかし、その形状から概ね1本あたり3個しか使用できる先端部位は取れません。 その貴重な部位を削りだし、ネックレスにしました。 ※鹿の角は個々に色味や形状が異なります。
      販売終了
      • 価格(税込/送料込)
        ¥8,500
      • 残り
        10
      ご提供予定時期:8月上旬より順次発送
    • スリムで持ち運びに便利なソフトパックティッシュのレザーケースを作りました。鹿の角をボタンに加工しシックにまとめつつおしゃれなアクセントに。そのままテーブルに置いて使ってもよし、持ち手をつけてキッチンのフックに掛けたり、いっそのこと鞄に引っ掛けて持ち運んだり色々なスタイルで活用していただけます。 ※鹿の角の形状はランダムとなります。 早割り価格!数量限定でのご提供です。 サイズ:W 20cm × H 10cm × D 4.5cm 全5色(大地/樹皮/深緑/紅葉/雪)
      販売終了
      • 価格(税込/送料込)
        ¥10,930
      • 残り
        8
      ご提供予定時期:9月上旬より順次発送
    • ちょっとしたお出かけや、荷物をすっきりまとめたいミニマリストさんにおすすめサコッシュを作りました! 鹿の角のボタンをワンポイントに。 マチ幅を少しつけているので、厚みのあるお財布や本も型崩れすることなく収納できます。 サイズ:W 24cm × H 20cm × D 2.5cm ベルトの長さ:100cm 全5色(大地/樹皮/深緑/紅葉/雪)
      販売終了
      • 価格(税込/送料込)
        ¥27,690
      • 残り
        10
      ご提供予定時期:9月上旬より順次発送

    特定商取引法に基づく表示

      販売業者
      MAKAMI(まかみ)

      所在地
      東京都台東区蔵前4-14-11

      連絡先
      電話:070-5368-1325
      メール:hisatsu13.mx@gmail.com

      販売責任者
      久津 真実

      販売価格
      各プロジェクトページの「リワード代金」をご覧ください。価格は税込です。

      商品代金以外に必要な料金
      なし

      お支払い方法
      クレジットカードによりお支払いいただけます。

      お支払い時期
      商品購入時に決済します。

      商品(リワード記載内容)のお引渡し時期
      商品の引渡し時期またはサービスの提供時期は、各プロジェクトページの記載をご確認ください。

      キャンセルの可否と条件
      キャンセルはできません。
      決済完了後の返金は一切できません。